2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ねんれい

無料ブログはココログ

お空へ出張中

  •  

    Photo オコジョさん

    2002.4.2~2007.3.27

    ニュジビノ1号

    創意工夫のソソウ王

     

    Photo_2ニコ・ロビン

    2003.3.15~2009.3.20

    ニュジビノ2号

    クールビューティ

     

    Photo_3プッチィ

    2003.3.26~2010.8.20

    パス・スタシル

    スプラッター姫

     

    Photo_4トニー・トニー・チョッパー

    2003.5.25~2005.6.21

    ニュジ・シャンパン

    世紀の美男子

     

    Photo_5

    ジュプトル

    2003.12.4~2007.11.4

    ニュジビノ3号

    巨大な下僕

     

    Photo_6

    ピアノ・フォルテ

    2005.4.3~2012.7.29

    ニュジ・セーブルポイント

    純粋培養の自己中ムスメ

     

    Photo_6

    シダー(おすぎ)

    不明~2010.1.13

    たぶんパス・セーブル

    悩める天才児

     

    Photo_16

    ジーク

    2010.10.25~2012.6.30

    ピーターソン・バターちょミット

    ワイルド☆ベビ男

     

    Photo_18_2

    マッシミリアーノ・ビアッジ

    2011.8.22頃~2012.9.16

    ニュジビノ4号

    星の王子さまのエリート

     

    Photo_18_2

    ミーシャ

    2011.9.24頃~2011.10.13

    野良っ子・ブラックスモーク

    命のリレー幸運のバトン姫

« 第7回フードバー 完全燃焼ーっ!!その3 | トップページ | 水銀中毒 »

2014年5月 8日 (木)

第7回フードバー より確実なものへ

フードバーの募集にそれなりな講義タイトルをつけたものの、何をどう伝えるのか?
言い忘れのないようにチマチマとネタ帳作ったりしたのだけど、
実際のところ流れは漠然としたまま当日を迎えてました。
呑気にしてるアタシへまわりから不安(?)のお声もあったのですが・・・

いまさら準備してどうこうなるもんじゃないってば~♪

そ、それがフードバーで伝えることだったのです。

取って付けた「ちゃんと」なんて誰も望んでないんですよ。
リアリティーのないものは誰の心にも響かないもの。
もしそれを欲するような人だったら、来てもらう価値はないなぁとも思ったし。
(あらやだ、なんて高飛車な・・・)

衣食住、ご飯や環境ってのはその場で取り繕ってもどうにかなるもんじゃない。
日々どのように生きてきたかで今があり、明日からがイメージできるもの。
だからこそ取り繕うように情報を仕入れることもしなかったし、
あるがままの我が家のヒストリーをお伝えすることが全てだと思って開催したのです。

 

今回のフードバーで私はいわゆる「手法」なるものは全くお伝えしてません。
どうやればよりよいベースができるとか、栄養がまかなえるとか一切なし。
(この方面ではものすごくマニアックな部分をナンナさんがお伝えくださいました
そのマニアックさは・・・来なきゃわからんレベルよね 笑)
私は心地よく生きることが命を左右する全てだとお伝えしたかっただけです。

でもね、フェレットさんたちは何もしゃべってくれないから・・・

自分の責任だけでご飯を作ること。
生き物だから当然おこる体調不良や老いと付き合っていくこと。
ここに不安がないワケがないのですよね。

これらに不安を感じたことがない人は無責任だと思うのです。
体調不良(いわゆる病気を含む)は獣医へいけばいいとか、
ある程度歳をとれば年齢的に出る病気ですとか、
病気になるのは当然だからそれなりに薬漬けになっていくとか。
そんなのってフェレットさんの気持ちや、飼い主の歩み寄りって存在してないじゃない?

もちろん獣医へかかることを否定してるのではないのです。
かかりっぱなしが無責任だと思うのですよね。
こうなった原因を考えずに行ったり、こううなった結果を反省しなかったりはダメよね。
繰り返さないためにどうするのか?それが大事でしょ。

繰り返さないためには何かを変えていかねばなのです。
治療した!治った!万歳!おしまい!!
それで元の生活に戻すのだったら頭が悪すぎだし、本当に愛しているのかしらと心配になります。

でも人間は言葉で考えるから不安になるのですよね。
かかってしまった獣医へのメンツや、他人へのメンツとかも不安要素だったり。
えらくワイルドな言い方だけど、もっと本能的に愛して欲しいし、
なりふり構わずフェレットさんの求めるものを知ろうとして欲しいのです。
言葉の情報でなく、フェレットさん自身が発するなにかを感じ取って。


なので、そりゃあロクにまとまったお話しでもなくて(笑)
体験談と体験から感じた考察を延々語るような会になってしまったんじゃないかなー?

ね、こうしてブログで書いてもよくわかんないね!
それでも参加者さんに伝わったと自負しています。

手作りまだのお宅は、こりゃやらなきゃヤヴァいぞ~(汗)

手作り中のお宅は、やっぱそうなる?うんうん!頑張れそう!!

ベテランのお宅は、本当にそうだよね。みんな同じ気持ちだったんだ。

それぞれのお声がきかせてもらえて初めて、自分が伝えたかったテーマがわかったみたい。

私はみんなに希望をもって欲しいんだなって。

 

手作りが正しい解釈で広まればそれでいいと思ってた時があった。
でも広まれば予想外に作り手の心のケアが必要だとわかった。
人間はみんな強くない。
言葉があるぶん、流されて、踊らされて、守りに入ってしまう残念な生き物。
それを支えあわなきゃいけないのよね。
あと、言葉をもたないぶん、強い彼らから実は励ましてもらってること。
それを信じ、自分の目で見る力を持ってもらうことが大事なんだよね。

 
 
そんなこんななフードバーだったのです。
終わってみれば言いたいことの半分も言えてないっちゅー結果だったりして(大汗)
いやはや、時間足りなさすぎです!!
もうこりゃ合宿せにゃならんですかね?
え?!
ブログでちまちま放出しろって?

そんなの無理ーーーーーーっっっ!!!!

っちゅーことで、まだ書きたいことあるっちゅーか、なんちゅーか、本中華?!
(このギャグ会社の若い子に通じなかったよー!爆)
うまく書けるようだったら書きたいなぁ~
っつーか、前回予告したのに一個もフリートークネタとか書いてないね。
うっはっはー♪

 

Ferrets80_15 

*****

« 第7回フードバー 完全燃焼ーっ!!その3 | トップページ | 水銀中毒 »

手作りご飯」カテゴリの記事

コメント

めちゃお久しぶりです。
フードバー、いいなぁって思いながらも
七宝を長くお留守番させるのが忍びなくて申し込みもできませんでした。

手作りを初めて4年たち、どんどん「感」でやっちゃうようになってるからこそ
本当は初心に帰って見ることも大切なんだろうけどね。

私はかかりつけが手作りにもサプリにも否定的じゃないので
(というより、私のご飯に「サプリなんかもちゃんと上げてるから」って認めてくれているところも有りなんですよね。)

病院から遠ざかることがなくて、かなり回数多く血液検査や画像診断をしてるんだわ
数値で見る体の調子と、私の感とを両手に乗せて
バランスをとってる?
なんか私自身が七宝でデータを取ってるみたいなんだけどね・・
やっていることの是非を数字でも確認しちゃってるのは
自信がないからなのかなぁ。。


それでも7歳7ヶ月、まだまだ
気ままに生きてる七宝のお母ちゃんをやってられるのは
びあるさんに支えてもらったからだと感謝してます。


なんちゅーかほんちゅーかがわかってしまう自分が悔しい・・・Orz (笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585570/56117714

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回フードバー より確実なものへ:

« 第7回フードバー 完全燃焼ーっ!!その3 | トップページ | 水銀中毒 »