2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ねんれい

無料ブログはココログ

お空へ出張中

  •  

    Photo オコジョさん

    2002.4.2~2007.3.27

    ニュジビノ1号

    創意工夫のソソウ王

     

    Photo_2ニコ・ロビン

    2003.3.15~2009.3.20

    ニュジビノ2号

    クールビューティ

     

    Photo_3プッチィ

    2003.3.26~2010.8.20

    パス・スタシル

    スプラッター姫

     

    Photo_4トニー・トニー・チョッパー

    2003.5.25~2005.6.21

    ニュジ・シャンパン

    世紀の美男子

     

    Photo_5

    ジュプトル

    2003.12.4~2007.11.4

    ニュジビノ3号

    巨大な下僕

     

    Photo_6

    ピアノ・フォルテ

    2005.4.3~2012.7.29

    ニュジ・セーブルポイント

    純粋培養の自己中ムスメ

     

    Photo_6

    シダー(おすぎ)

    不明~2010.1.13

    たぶんパス・セーブル

    悩める天才児

     

    Photo_16

    ジーク

    2010.10.25~2012.6.30

    ピーターソン・バターちょミット

    ワイルド☆ベビ男

     

    Photo_18_2

    マッシミリアーノ・ビアッジ

    2011.8.22頃~2012.9.16

    ニュジビノ4号

    星の王子さまのエリート

     

    Photo_18_2

    ミーシャ

    2011.9.24頃~2011.10.13

    野良っ子・ブラックスモーク

    命のリレー幸運のバトン姫

« フェレットと猫の格差 | トップページ | 歯周病と薬と値段 »

2012年1月 5日 (木)

ガイ君と異種動物

年明けから大してお正月らしいネタがないびあるです。

いちおう人並みにお雑煮を食べ、ちょっとだけおせちも食べ、お参りもいきました。

おみくじは大吉でしたぜ☆

ではお正月らしくない記事ドゾーw

 

 

ガイはじゅうぶん大人イタチの時に我が家へ里子でやってきました。

野に放たれた捨て子ではなく、飼い主が居た捨て子です。

でもガイはいらない子にされるとは思えないほど人柄がよいです。

強く優しく勇気がある、いつでもみんなの助っ人でジャッジマンです。

 

そんなガイの欠点っつーか「弱み」ってのが異種動物。

むかし我が家でワンコさんを預かった時、

当時のメンバーはワンコ襲う気マソマソだったのですが(→コチラ参照w)

ガイだけは全身の毛を逆立て、いかにも怯えてキョドってました。

トラウマ?むかしの暮らしで何かあったんだろうか?

もしかしてソレが本当のいらなくなった理由じゃないかな?と思ったりもしましたです。

 

で、異種動物と言えばラッシュなワケで・・

実は我が家にラッシュが来た時、ガイはやっぱオケケボンで恐がったんすよね。

それが無害なチビとわかったあたりから、(動物ってお互いに年齢の上下わかってるよね)

ラッシュに対してフェレ同様優しくっつーか、守ってあげる存在になりました。

輪に入れなかったら誘ってやったり、他のイタチを蹴散らしたりすんのね。

ラッシュがルルちゃんに襲われたら(←命がなくなる勢いですのよ)、

Bダッシュでアタシより先に現地着、A連打でルルちゃんへタックルしてましたがな。

 

そんなガイ君が、また最近ラッシュを恐がるっつーか?避けるっつーか?

警戒して近寄らないようになりました。

何があったかわからんっつーか、お互いの間に何も起きてないんだけどなぁ。

ガイ君のトラウマかナンかの扉がまた開いちゃったんかな。

ラッシュが不意にそばに来たらオケケボンで逃げていくのです。

でもでも!

そんなにラッシュが恐いのに、ルルちゃんに襲われてる時だけは助けるっちゅーね。

よくわからんガイ君です。

 

それとケージに居る時はダイジョブだってのもわかってます。

ほら!こーゆー時はやっぱサービスしてるのね。

積極的にちょっかい出して遊びだすワケぢゃないけど、

ちゃんとラッシュの様子を見て、遊べるように待ってあげてるでしょー!

アタシはガイの気配りと恐がりのツボがようわからんです。

 

・・・なんつーかアタシって観察好きっすかね?(苦笑)

んでもいつも悩ましい顔してるガイ君をみてると気になってしゃーないです。

ユニくらい傍若無人だとバーカ!バーカ!って笑い飛ばせるんだけどね~w

 

 

 

Ferrets80_15 

*****

« フェレットと猫の格差 | トップページ | 歯周病と薬と値段 »

ガイ君」カテゴリの記事

コメント

文章読むたびに「ガイくんってなんてできた子なんだ!」って感動して、
でも、年齢を見るたびに「えっ?まだそんな若いの?」と驚いたりしております(笑)

去年、地元のペットショップのお客さんで、フェレの里親になったんだけど、噛んで怖くて困ってる・・・という話を聞き
事情を聞いてみると、その里子ちゃんは、元飼い主が「子どもの情操教育のために」と迎えた子だったらしい。(子どもはヒッキーで登校拒否児童)
だけど、噛むって理由で触ってももらえず、とりあえずはなんとかンコ掃除だけしてもらってた状況だったとか。
で、バカ親が「噛むなら役に立たない。従順な犬のほうがいい」と里子に出し、ワンコを迎えたとかナントカ。

ま、勝手な人間って多いねーって話なんすが(^^;
もちろんその里子ちゃんはおりこうさんに成長したそうです。

んで、もしかするとガイくんも周囲の(人間の)顔色を伺うような生活だったのかなー?とか。
動物ってほんとに敏感だもんね。
でも、今は何の問題もないはずなのに、なんかのきっかけでよみがえるのかな?とか。
もうほんとにいじらしすぎるわー!

フェレってトラウマになりやすいってなんかで効いた事あるような気がします
ガイくん・・・超ナイスガイなのに←あ、かけてないっすからね(笑
生まれ育った環境の中に、何か辛い経験でもあったのかなぁ?
なんだか、人間みたいですね~

ガイのほんとの年齢はわかんなくて推定なんだけどね。
見た目にはもっと若く見えるんだけど、ルルちゃんとのかかわりみてると、やっぱルルちゃん以上なんだろなーってとこです。
なにわともあれ、苦労人なんだろねガイは。

バカ親なぁ、その行為はどうにかしてくれだけど気持ちがワカランでもないよ。
子どもを社会に出すってのは難しいし、時に塾や習い事に放り込んでどうにかならんか?とか逃げたくもなるんだよね。
でも常にそんな行動なんだったら「身から出たサビ」ってやつだろけどー!
それにしても身につまされるわ。
だって生き物に対しては事前に調べて大事に添い遂げてだけど、生き物じゃないただの「モノ」に対しては、かなりこの親に似てるよアタシ(汗)
何事も親がちゃんと大事にしてる姿勢をみせにゃアカンよね。

ガイもそうだけど「前」がある里子ちゃんってのは不意にそんなことがあるです。
ラッシュは猫のクセに箱が怖くて、ウチにきたころはダンボールみただけで逃げてたっけ。
ほでいまだにベッドは平らなヤツしか使えないとか、面倒が多いっす。
なので天真爛漫なマックスなんて・・・もはや放置プレイっすよ!
誰かアイツに恐いものを与えてやってください。。。(隠泣)

ナイスガイ(笑)は見た目も毛ヅヤもウンコまでも超ナイスです←
これはアタシの思い込みだろけど、セーブルは頭がいいせいか?
イイコトも悪いコトもやたらおぼえてて、日常で先読みしながら反復して生活してるように見えるんだわ。
同じ頭のいいフェレでも、アルビノだったらそれを反射的に乗り越える強さっつーか、破天荒さがあるんだけどなー。
ある意味体力バカだよ、アルビノはw

あ、うち、セーブルとアルビノのパターンが逆かもっ!
セーブル(疾風)はあんぽん・・・ってかパー助というか
右見て左向いたら忘れるタイプ。
逆にアルビノ(陽南)はすっごい慎重派で記憶力がやたらといい。
はじける時も、一瞬だけあたしの顔を見るような子なんす。

ただ、疾風も里子でうちが3軒目。
でもあんぽんです(笑)
だたし、お外(友達がいるとか、お店だとか)だと超おりこう。
こういうところが「過去がある子」なのかな?って思ったり。

陽南はホムセンでちっさい水槽に閉じ込められてた子なんす。
お客の子どもを噛んだとかで、水槽に入れられたとか。
だからかなり敏感で警戒心が強く、一回あったことは絶対に忘れない。
でもタガがはずれるとしつこいですー、はーw

「情操教育」で動物を迎える人って多いけど、まー言ってみればこの親は棄てたり保健所に持ち込まなかっただけましかもしれないけど、里子に出す時「噛む」ってことは一言も言わなかったそうで。
で、後になって連絡を取ったら「噛むから(子どもの教育の)役に立たないし、だからいらなかったの」って言われたって。
それでもいい人のところに行けたからよかったのかなーって思いますわ。

みんないろいろあるのね。
それでも今が幸せでかばえく元気にしてくれてると嬉しいよね。
たまに「ウチでええんか?」とか聞くときあるんよ。
ほら、ご飯なかなかもらえないし、家が狭いし、
飼い主がピチピチギャル(死語w)ぢゃないって環境に対してきいてみるw
返事は・・ようわからんです←

ウイークポイントってほんと言わないよね。ペットショップも!!
ルルちゃんは1年お店にいたのに「布食いです」とは言われなかったし、
ユニは「立てないです」って言われなかったし、
ジークは「ご飯あんまり食べないんですよねー」だった(←これは激しく無知)
買った人が無知だったらどうなるんだろ?
人間の情操教育以前に、フェレットのしつけや教育に必死になるコト必至w
つか、フェレットを必死でお世話する姿こそが情操教育って思ってほしいよね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フェレットと猫の格差 | トップページ | 歯周病と薬と値段 »